あけましておめでとうございます。

2023年。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

昨年は正直なところ思いの外に立ち回り切れぬまま過ぎていった時間が大きく。おかげさまでいろんな展開もあったのですが、ギャラリーとして2022年明確になにか足跡が残っていたかというと・・

シンプルにいきたいところなのですが、どうもモノゴト難しく囚われすぎているというか、ある意味で自分たちがいわゆる既成な形ではない部分が自分自身で概念を作り切れずにきた感じでもあります。

既成概念は自分たち自身だけでなく周囲もそうですし、一方が扉を開こうとしても、もう一方も開いていないと道は通じないものであるようです。

ある映画は戸締まりし忘れたことを思い出し遡ることで未来をつなぐ物語だったと思いますが、私たちは改めて通じる扉を立てるところから努めて参りたいと思います。

相変わらず世間もゴチャゴチャしていますが、今年こそは海外に視点も向けていければとも。

今年の干支は「兎」。金烏玉兎を大切に進んでいきたいと思っています。

みなさまには引き続きご指導ご鞭撻のほどをいただきながら、相変わらず変わりゆく時代に柔軟に合わせながら進化していければと思っています。